前へ
次へ

在宅医療にかかわる薬剤師の魅力とは

在宅医療の現場で活躍する薬剤師は、薬局から患者の自宅に出向き、薬の説明や飲み方の指導をする訪問薬剤管理指導を行います。
薬の服用を続けている人には、その効果や副作用もチェックします。
うまく服用できているのか、もしできていない場合には、その理由を検討して、飲みやすくなるように対策を考えるのも薬剤師の役割の一つです。
そして、すべての情報を医師に伝え、処方に反映してもらいます。
在宅医療にかかわることで、医師や看護師、介護福祉士など、さまざまな職種の人たちと患者さんを中心に、病気に対してどうすればいいのか話し合いをし、協力して仕事をする面白さを感じることができます。
薬局とは違い、実際に本人の生活環境をみながら、薬が適切かどうか考え、提案することが可能です。
その結果、本人の状態改善を目にすることができ、やりがいを案じることができる現場です。
訪問診療前のカンファレンスに参加したり、自宅ではなく、介護施設を訪問して服薬指導を行うこともあります。

Page Top