前へ
次へ

失われたものを治療する医療行為のサポートに

幻肢痛と呼ばれる言葉をご存知ですか。
事故や手術によって、腕や足などを切断した人が感じる痛みといわれています。
既に失った腕や足などが激しく痛む症状です。
既に失っているにもかかわらず、痛みを感じる治療方法の一貫にVRを使う医療機関が登場しました。
日本国内の医療チームがVRを使って幻肢痛の治療法を研究・開発しています。
かつては鏡を使った方法が盛んで、現在でも利用しているところは少なくありません。
日本の医療チームが使用している方法としては、鏡を使った治療方法を応用させています。
健全な手足が運動している様子を捉えて、VRで左右反転させて映し出し、能が失った部分が目の前にあると錯覚する方法です。
健康的な手足を動かすことによって、VRで失った部位が動いているように知覚できるようになるため、幻肢痛対策に効果的だといわれています。
現在のところ一部でしか採用されていませんが、今後より多くなることが期待されるでしょう。

Page Top