前へ
次へ

医療費控除についての基本的な解説

医療費控除制度とは、一定額以上の医療費を支払っていた場合収めた税金の一部が返還される制度です。
対象となる期間は、申告する年の前年の1月1日から12月31日までになります。
会社員の人はもちろん、フリーランスの人も対象となります。
この制度を利用できるのは、医療費の額が10万円を超えた人です。
控除の対象となる金額の上限は、200万円です。
申告は、家族の分まとめて申告することができます。
家族の中で取得が一番多い人が申告した方が、得られるメリットは多くなります。
家族分をまとめて申告する場合、その家族と同居している必要は必ずしもありません。
生計が同一と判断される状況であれば対象となります。
対象となるかは個別具体的に検討されます。
この制度で対象となるのは、治療の目的で支払われた費用です。
薬局などで購入した市販薬も治療を目的とした場合であれば対象となることがあります。
他方、予防の目的で支払われた場合は対象となりません。
この制度を毎年利用するのとしないとでは大違いです。
申告はなれれば、それほど難しくはないと言えるでしょう。
積極的に利用していきたい制度の一つです。

Page Top