前へ
次へ

進む日本の医療の国際化と国際看護学

日本では、外国人を対象とした診療が日常となっており、すべての看護職が国際看護にかかわる必要があります。
日本の医療では、足元の国際化が進んでいるということを関係者は肝に銘じておくことが大切です。
特に看護職は基礎能力として、文化や言語の違う外国人に対応するスキルを身につけることが求められています。
これまで国際看護学の教育では、国際保健行政や国際保健医療支援などの視点が中心となっており、海外での活動経験のある先輩たちの話を聞くことが一般的でした。
しかし、国際化する日本の看護師にとって、今現在、重要なことは、日本国内での医療における国際看護の能力を十分に身につけることです。
今後は、国内でグローバルな看護実践を積んだ後で、さらに海外での活躍を希望する看護職も増えてくるかもしれません。
海外で保健医療活動を行うためには、まず、日本での看護経験から言語野文化の異なる対象者への看護スキルを学ぶことが必要です。

Page Top